カテゴリ:特撮ヒーロー( 6 )

 

新ライダーは桃太郎?

Excite 新ライダーは電車で移動&桃太郎仮面

他のブログの皆様は、新ライダーのことを
バイクに乗らないのでライダーではない、と言ってますが、
電車とかの乗り物に乗るのに「ride」という動詞を使えるので、
広義ではぎりぎり「ライダー」で間違いないでしょう。

ただ、モチーフが「桃」て・・・
猿メカ、犬メカ、きじメカが登場するのか、とか
「ひとぉーつ、〜」とか口上たれて登場するの?とか
仮面ライダーの上司として高橋英樹さんが出てくるの?とか

いろいろあるのだが、
今回の見所は
本編よりも2007年注目度No.1の呼び声高いグラビアアイドル「白鳥百合子」と
「秋山"オシリーナ"莉奈」の出演だ。
個人的には「白鳥百合子」ちゃんに期待大である。
「秋山"オシリーナ"莉奈」ちゃんは仮面ライダーアギト以来の再登場(もちろん役柄につながりはまったくないだろうが)
お父さん必見なセクシー衣装や水着シーンが期待されるが、どうだろう。

ストーリーは「やってもうた」状態になる可能性が高そうだ。
カブトでもタイムスリップは使ってきたが、
これを使ってしまうと、だいたい話は壊れてしまう。
だって、時間移動が自由なら今を戦わなくても、
怪物どもの発生の瞬間や起源を叩きに行けば、ほぼノーリスクで話が終わってしまう。

パラレルワールドに話を膨らますと収拾がつかなくなるしな。

平成ライダーシリーズも限界か?
[PR]

  by hyperdyne | 2007-01-16 10:45 | 特撮ヒーロー

劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE を見たのだ

上映終了間際の9月2日に、
劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE を見に行った。

何でか知らないが、いつも同時上映の戦隊モノを先にやる(TVの順番通りといえばそれまでなんだが)
退屈…、と言いたいところだが、今年の戦隊モノのピンクとイエローはなかなかかわいい(誰が出ているとか気にしてなくて、この映画で初めてちゃんと見た)
イエローは萌え系好きが好みそうなキャラだが、オイラはクールビューティなピンクにハマりそうだ。
というか、それぞれはタレントとして名前は知っていたが、ボウケンジャーに出てるとは知らなかった。

ずいぶん話がそれたが、本題に。
まぁ、なんだ。
ストーリー自体はいい作りであった。

パラレルワールドの話として、
渋谷いん石の降ってきた理由や、
天道が何でベルトを持っていたのか、等がキチンと語られていた。

ツッコミどころはたくさんあるがそれは後の「ネタバレ」で触れるとしよう。

個人的な劇場版の採点としては、
1.仮面ライダー剣 Missing Ace
2.仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE
3.仮面ライダーアギト Project G4
4.仮面ライダー555 Paradise Lost
5.仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL
6.仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼
の順かな。

ここから激しくネタバレかも
[PR]

  by hyperdyne | 2006-09-04 16:47 | 特撮ヒーロー

全く関係ないがふと思い出した

Excite ミス・アメリカ、来年はラスベガスで開催

一定の世代の戦隊好きは皆そうだろう。
そう、「バトルフィーバーJ」だ。

バトルコサック(なんでコイツだけダンスの名前?)、バトルフランス(ウィー?)
バトルケニア、ミス・アメリカ(イエーイ!って何が?)、バトルジャパン(ハァーッ!)ってヤツだ。

みんな「バトル〜」なのに、何でアメリカだけミス・アメリカ?(女だから?)

宮内洋さんもいい味出してたし、何といってもてっぺんの名前が鉄山!
何か一番強そうな名前!

結局この記事とは何も関係なかったな。
[PR]

  by hyperdyne | 2005-11-17 18:13 | 特撮ヒーロー

「西鬼(ニシキ)」はないだろう「西鬼」は

Excite “ご当地ライダー”シリーズ初の時代劇

もうちょっとひねれよ、大阪だから西って…。
だいいち戦国時代だったら、沖縄は琉球と名のって日本ではなかったんじゃないの?

>東京は「歌舞鬼(カブキ)」で歌舞伎がモチーフ、大阪の「西鬼(ニシキ)」はトラがモチーフ、名古屋の「煌鬼(キラメキ)」は金のしゃちほこをあしらい、福岡の「羽撃鬼(ハバタキ)」はタカをデザイン、札幌の「凍鬼(トウキ)」はクマ。

どう見ても大阪だけ手抜きだろ。

ならば、くのいちライダー「骨抜鬼(ホネヌキ):演=杉本彩」とか三位一体ライダー「此鬼(コノキ)」「何之鬼(ナンノキ)」「気似成鬼(キニナルキ)」とか出してもらいたいな。
[PR]

  by hyperdyne | 2005-06-13 09:24 | 特撮ヒーロー

先入観は持たずに見たい

Excite 元祖「仮面ライダー」映画で復活

ついに来たか!
昨今の平成ライダーの好評ぶりと
S.I.C.などの大人向けのライダーおもちゃの売れっぷりでついに「仮面ライダー」が映画で復活!

まぁ、でも30年ものなので昔のイメージは極力考えないで見たいと思います。

あぁ、クウガも劇場版で復活してくれないかな〜、頼むよ〜出てくれよ〜、ジョー!
[PR]

  by hyperdyne | 2005-06-08 09:04 | 特撮ヒーロー

仮面ライダー剣 最終回を迎える

この内容は見てない人には全く判りません。あしからず。
さらに、激しくネタバレがあるので最終回が放送されてない地方(あるのか?)や劇場版(もしくはそのDVD)を見てない人も読まないように。

平成仮面ライダーシリーズの2004年度作品の仮面ライダー剣(ブレイド)が1月23日ついに最終回を迎えた。
率直な感想は
「いい終わり方で終われた」と思う。

思えば、ストーリーの半ばごろからずっと伏線が張られていた。
劇場版のラストも含め、いくつかのラストが予想できたが、オーラス前の48話でほぼラストが確信できた。
今思えば主題歌の中にもキーワードがちりばめられていた。

最終回のサブタイトルでもあった「永遠の切り札」。
まさに、主人公剣崎が自らを切り札として、人類の滅亡と最後に残ったアンデッド・ジョーカー始をも救うために自らがジョーカー化してラストワンだったアンデッドを再びラストツーに戻し、バトルファイトを形式上再開させる。
そして、ジョーカー剣崎は仲間の前から姿を消し、永遠にアンデッドである運命と戦い続ける道を選んだ。
ジョーカーは本能で戦いを続けるので、2人は2度と会うことはないのだろう。
それこそが統制者が予想しなかった永遠にバトルファイトを続ける方法だったのだ。

ただ、オイラはこのラストを確信するまでは別のラストの可能性も期待していた。
番組中では統制者の執行役(物?)であったモノリスは一旦砕け散ってもすぐに再生したけれども、オイラは橘、睦月が倒れていく中で、もしかすると最強ワザであるロイヤルストレートフラッシュを超えるワザがあるぞと思ってしまった。
それは4枚のエースとケルベロスのエースを使ったエースのファイブカードだった。
統制者すら予想し得なかった、5枚目のエースで、モノリスを完全破壊する。
で、ダークローチも出てこなくなってバトルファイト終了。
なんてラストだ。

もしくは、ダークローチを超える強制執行役として、劇場版に出てきたような究極のアンデッドをブレイドキングフォーム、ワイルドカリス、そして最後の最後に出てくるギャレンとレンゲルのキングフォームでブッ倒して終わる。
なんてのも考えてみた。

まぁ、最終回も30分枠である以上そんな展開はないとも思ったが。
でもこれだけ結構な人気になってきているのだから、最終回1時間スペシャルなんてのも、次の響鬼(ヒビキ)あたりで考えてみてはどうだろうか。
今回のブレイドは最終回もあまり無理なくストーリーを終結に向かわせられたと思うが、過去のアギト、龍騎、ファイズは結構最終週へ向けての展開や最終回そのものの展開が苦しかったように思う。
平成初代のクウガのラスト数週も展開がやや苦しかったが、最終回はよくまとめられていたと思う。
今回のブレイドは、オイラの中では平成初代の衝撃クウガに次ぐものとなった。

ありがとう、仮面ライダー剣。一年間良いドラマだった。
[PR]

  by hyperdyne | 2005-01-24 10:06 | 特撮ヒーロー

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE