何でも東京基準で考えるな

Excite M—1王者 ブラックマヨネーズって何者?

ブラマヨは笑いの本場・大阪ではまずまず名が通ってきたコンビだ。
もちろんオイラもまさか今年一気に行くとは思わなかった。
大本命 笑い飯
対抗 麒麟
勢いの南海キャンディーズ
ここらについで、チュートリアル&ブラマヨという感じだった。
しかしながら、そう遠くないうちに爆発的進化をとげるかもというものも確かに秘めていた。

それが、M—1決勝で爆発しただけだ。
大阪では「ブツブツの吉田」と「ハゲなのに濃すぎ(小杉)」というキャラ系でもあった。
ブラマヨが行った。だが、まだまだ大阪には順番待ちの有望な若手が目白押しだ。
[PR]

  by hyperdyne | 2005-12-26 16:18 | 芸能

<< 栄枯盛衰は世の常… もっと高校らしさを >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE