もうモーニング娘。と違うんちゃう

Excite 最後の一期生・飯田圭織涙の卒業
Excite モー娘“長女”飯田圭織が卒業
Excite かおりん号泣…思い出の横浜アリーナでモー娘。卒業

初期のメンバーがいなくなった時点で、モー娘。とは言えないんじゃないの。
比較するのも間違ってるけど、
C.C.ガールズとかもメンバー総入れ替えの時点で沈没していったし、メンバーが替わるというのは、結成当時のコンセプトというかカラーというかが消えていくわけで、そうなると当初からのファンというものが離れ始める。
後からファンになる人も当然いいんだけど、ある意味ファンとしてのパワーというのはだいたいデビュー当初から応援している人たちが一番あると思われるわけで、そういった人たちは徐々に離れていくんじゃないかな〜と思う。

ジャニーズ事務所もほとんどメンバーの入れ替えがないわけで、いくらか諸事情等で入れ替わったグループというのは、やはりもう一つ飛び出してこないし。

そろそろモー娘。も解散の時期を考えるべき時だな。
むしろ、例えば、200X年12月31日をもって消滅とかでブチ上げてそれに向けてイベントを企画して加速していった方が盛り上がって終われるかもしれない。
初期メンバーはピンとしてもキャラが立っていたが、最近加入組は琴線に触れるものがない。

売上げとかなんかは比較しないとして、
モー娘。は伝説の軍団「おニャン子クラブ」には届かない、と両方を見てきたオイラは思う。おニャン子世代のつんくのプロデュースとはいえ、確かにおニャン子であった失敗を上手に避けてきたようには見えるが、それがむしろ小さくまとめてしまった感は否めない。あの時は女性アイドル冬の時代と言えるほど、おニャン子でない新人を駆逐していった感がある。破壊力に関しては今のモー娘。とは比べものにならない。
(この比較に関してはいろいろ思う人もいるだろうがあくまで私見なので苦情はお断り。)
その伝説の軍団ですら、最後は当初のパワーも色褪せて解散に至ったのだから。
光を失う前に解散してやるのもメンバーのその後を考えた時の思いやりと言えるのかもしれない。
[PR]

  by hyperdyne | 2005-01-31 10:45 | 芸能

<< 話題集めにしてもキッツイで、これ 何て設定か! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE